So-net無料ブログ作成
検索選択
平昌冬季オリンピック ブログトップ

【平昌冬季五輪】世界に知らしめる契機に・・選手村の名称決定、360億円投入―韓国ネット「返上はもうできない」「長野との分散開催を...」 [平昌冬季オリンピック]

自分のプライドを何よりも大事にする韓国人。
もう後には引けない。


 
自分のプライド(開催)のためなら、
税金や施設のムダなど関係ありません。
 
 
 
平昌五輪はスポンサーが集まらず、資金難であることは知られていますが、
実はいくつもの問題を抱えているのです。

1。十分な広さがないため、アルペン競技ができない。
  山を削ると言っているが、長大なアルペンコースを作る技術は韓国には無い。
 
2。リージュとボブスレーは韓国に全くコースがなく、作った経験もない。
 
3。仁川などの空港から会場アクセスがヒドい。
  高速鉄道建設をIOCと約束したが、韓国政府は約束を反故。
 
4。平昌などは例年の積雪が40cm。
  冬季五輪をするには絶対的に雪が足りない。
 
などです。
 
どうしてIOCは平昌にすることにしたのか全くのナゾです。 

韓国はこのような問題に対して、
資金難やノウハウ不足は日本から提供され合意も得ていると
IOCにウソ説明しているらしい。
 
日韓ワールドカップの際にスタジアム建設費で
借金300億円を
日本に返していない韓国に誰が提供し、貸すんですか?
 
 
「失敗を糧にする」という言葉がありますが、
現実から目を背ける韓国人にとっては
なんの意味もありません。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【韓国】平昌冬季五輪で仰天発想!宿泊施設不足分はホームステイなども活用の暴挙! [平昌冬季オリンピック]

ヒドい資金不足と使用後の
設備維持などで問題ばかりの
平昌五輪で、また前代未聞の展開です。



現在、開催地近くにある都市、江陵市では
管内で供給可能な
宿泊施設2万1631室のうち、
IOC組織委員会で要求する1万1833室を除外すると、
観客用の客室1万2000室のうち
2202室が不足すると予想されています。

江陵市は、
ホームステイ3000家庭の募集と、
ワンルームマンション5100室を活用すれば、
オリンピック期間に必要な客室の確保が可能だと見ています。

世界でも強姦が多い国韓国で
見ず知らずの家庭に女性が泊まるなど
自分から犯罪をされに行くようなもの

男性に関しては娼婦が寄ってくる事になるでしょう。


さらに日本人というだけで謝罪しろなど不当な差別を受けたり、
宿泊料をとられたり、
寝ている間に置き引き、窃盗にあったり、
美人局などが起きるでしょう。

本当に斜め上に考えが浮かぶ理解しがたい国です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【韓国崩壊】財政ピンチの平昌五輪…韓国ネット「日本に助けを求めよ」、日本ネット「開催権を中国に譲れ」 [平昌冬季オリンピック]

迷走を続ける平昌冬季オリンピック
財政が窮地に陥り、また日本との共催が韓国ネットで話題になっている。

一体どれほどの財政状態なのか?



さらに、一部の日本ネットユーザーは、
韓国に国際スポーツイベント開催のための
プロフェッショナル精神や資格を備えていないことを揶揄して
「未開の土地で国際大会をやるのは、確かにとても困難だよな」
という意見を残している。



一地方自治体ではまかないきれないほどの巨額の負債となっている。
韓国政府が援助しない限りは財政破綻は免れないだろう。

日本のJOCや長野県などは共催を拒否する意向を示しており、
日本国民としても二度と日韓共催はしたいものではない

世界でも韓国でも孤立している朴大統領がどのような行動にでるか?
そして、異常な親韓で税金を湯水のように韓国に使っている
舛添要一東京都知事がどのように動くのか
ある意味見物である。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【返上間近】平昌五輪スポンサーつかず協賛費ゼロ!組織委員会会長は「ナッツ・リターン」騒動で解任の危機 [平昌冬季オリンピック]

深刻な資金不足で開催が危ぶまれている平昌五輪が、
さらなる”あの”スキャンダルによって開催返上の危機にあります。



平昌冬季五輪組織委員会は、
2013、2014年の協賛費収入を
それぞれ175億ウォン(約19億円)と675億ウォン(約73億円)と予想していましたが、
  
実際は2013年はゼロ収入で2014年はわずかに35億ウォン(約4億円)と、
事前予測の5.2%にとどまったと報道。

なんと協賛費がゼロ
つまり世界的なイベントにも関わらず、
スポンサーが全く集まらなかったということ。

そのため協賛金の援助をより多く得られるよう、
平昌冬季五輪の開催権獲得に貢献した趙亮鎬(チョ・ヤンホ)氏が
今年7月に組織委員会会長に就任したが、

なんと、同氏が会長を務める大韓航空で、
娘の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏が
客室乗務員に激怒し乱暴な振る舞いをした
「ナッツ・リターン」騒動が同五輪関連活動に影響し、
解任の危機もあると伝えている。
 
 さっさとヤメたら良いと思うんですが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本に関わるな!】平昌五輪「開催返上も辞さない」 分散案に地元・平昌大反発!! [平昌冬季オリンピック]

今月8日のIOC総会で、オリンピック共同開催を含む改革案
「アジェンダ2020」
満場一致で採択されたコトに対して

韓国政府や関係者が強く反発しています。

平昌郡では大会の辞退も辞さないとする声まで出始めています。



韓国人は「助けてもらえるのは当たり前」
と信じ込んでいる民族ですから、
 
でも絶対頭を下げることはしません。
 
しかも恩を仇で返しますからね。 


どちらにしろ、建設の遅れや財政問題で
韓国で平昌五輪を開くことが難しくなっているのは確かです。

 
ソウルオリンピック、日韓ワールドカップ、
仁川アジア大会など
 
韓国には国際的なイベントを開く能力がありません
これを見抜けなかったIOCも反省が必要です。 
 
 
一部では裏金を受け取ったIOC委員が戦々恐々としているそうですが... 

JOCは絶対に共催を受け入れてはいけません。
日本が悲惨な思いをするだけです。
 
ワールドカップのお金すら、まだ返してもらってませんからね。
 
共催したら竹島や慰安婦などで
「ウリナラが五輪を譲歩したニダ!、
 日本も譲歩しろ!」
と支離滅裂なコトを言ってくるに違いありません。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
平昌冬季オリンピック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。